<object id="daw7p"><option id="daw7p"></option></object>

        <delect id="daw7p"></delect>
        <i id="daw7p"></i>

            <font id="daw7p"></font>

            <object id="daw7p"></object><optgroup id="daw7p"></optgroup>

            社長メッセージ

            Tomorrow, Together 5Gを核に新たなライフスタイルを提案し、共創によりレジリエントな未來社會の実現を目指します 代表取締役社長 髙橋 誠

            平素より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

            KDDIは、発足以來、豊かなコミュニケーション社會の発展に貢獻することを企業理念として掲げてまいりました。私たちの事業は極めて公共性が高く、お客さまの生活そのものに直結しています?!袱氦盲?、もっと、つなぐぞ。au」をスローガンに、社會的に重要な役割を果たすとともに、お客さまの期待を超える感動をお屆けしたいという思いで、どんなときでもつながり続ける通信サービスの提供を目指しています。

            地球溫暖化による影響は年々深刻化しており、それに伴う気象災害が國內外で増加しています。本年は気候変動サミットをはじめ、G7、COP26などで気候変動についての議論がなされ、世界的な取り組みが一層進むことが予想されます。また、新型コロナウイルス感染癥の影響が長期化する中、環境変化に強いレジリエントな社會基盤を構築することが、世界的な課題となっています。

            KDDIは、會社の目指す姿に「社會の持続的な成長に貢獻する會社」を掲げています。
            本年4月、「気候関連財務情報開示タスクフォース (TCFD)」の提言への賛同を表明しました。今後、TCFDの提言に沿った情報開示?発信を行うとともに、再生可能エネルギーへのシフトを強力に進めるなど、2050年までにCO2排出量実質ゼロを目指した取り組みを推進してまいります。

            また、KDDIは昨年、KDDI総合研究所とともに政府の推進する「Society 5.0」の実現を5Gで加速する、2030年を見據えた次世代社會構想「KDDI Accelerate 5.0」を発表しました。5Gをはじめとしたネットワークレイヤに加え、プラットフォームレイヤ?ビジネスレイヤの進化、それを支える7つの分野のテクノロジーとオーケストレーション技術を駆使することで、生活者の新たなライフスタイルの確立と日本の経済発展?社會課題の解決を両立するレジリエントな未來社會の創造に向けた取り組みを始めています。

            持続的な成長に向けて

            KDDIは、こうした時代の変化に即座に対応するとともに中長期のビジョンを推進していくため、今期が最終年度となる「中期経営計畫 (2019-21年度)」において、「既存事業の持続的成長」と「新たなイノベーションへの挑戦」という両軸での成長を目指しています。

            また、社會と企業の持続的な成長に貢獻するため、6つのマテリアリティを中心とし、「中期経営計畫 (2019-21年度)」と連動したサステナビリテ?;顒婴蛉聵I部門において推進しています。2030年を見據えたKDDIのSDGs「KDDI Sustainable Action」では、社會課題の大きさとKDDIが通信事業者としてより貢獻できる事業領域の観點から8つの社會課題領域を特定し、経済的価値のみならず、社會的価値、環境的価値に寄與する目標値を設定しました。社會課題をリスクとして捉えるだけでなく、KDDIならではの強みを生かしたチャンスと捉え、5GやIoTなどを活用した地方創生や、途上國における低廉で高品質な通信サービスの提供など、事業として利益をあげながら、さまざまな社會課題の解決を図ります。

            新型コロナウイルス感染癥の流行により、これまで當たり前だと思っていた日常が一変し、あらゆる領域で急速なデジタルシフトが進んだことで、通信の果たす役割もますます重要になっています。KDDIは、24時間365日、どんなときもつながり続ける通信インフラの整備や、災害時の早期復舊?支援體制の整備によって、通信會社として「つなぐ」使命を果たし、全社を挙げて強靭で高品質な通信サービスの提供に努めてまいります。

            また、常に変化の激しい事業環境の中で持続的に成長し続けていくためには、社員や組織の高度な自律性と成長が不可欠です。KDDIは、人財を最も大切なリソースと捉え、その育成?強化を経営の根幹に置く「人財ファースト企業」への変革を目指し、「KDDI版ジョブ型人事制度の導入」?「KDDI 新働き方宣言の実現」?「社內DX (デジタルトランスフォーメーション) の推進」の3つの柱で推し進めています。

            こうした企業姿勢は、「KDDIフィロソフ?!工趣筏?、経営層と従業員の共通の考え方?行動規範として浸透しており、透明性?公正性を擔保したコーポレート?ガバナンス體制との相乗効果により、より強固なマネジメント體制を確立しています。

            事業の発展と社會への貢獻が一體となり、プラスの循環を生むことで、KDDIの成長を、そのまま社會が成長する力にしていきます。
            KDDIグループは「命を、暮らしを、心をつなぐ」。KDDI Sustainable Actionを通じて、社會の持続的な成長とさらなる企業価値の向上を目指してまいります。

            今後とも、KDDIグループへの変わらぬご支援とご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

            2021年5月
            代表取締役社長 髙橋 誠

            拍拍拍一级毛片免费看看,高潮视频抽搐,桃色岛福利三级在线